ラブホテルの使い方

デリヘルを呼ぶ時にもお世話になるラブホテルですが、初めて入る時は非常にドキドキしますよね。そんな初めてラブホテルを利用するという方の為に、今回は真面目にラブホテルの使い方を解説します!

料金システム

風俗まとめ
まずラブホテルの料金システムについて理解しておく事が大切です。ラブホテルには休憩、宿泊、サービスタイム、サービス料といった料金システムが用意されています。
一見すると複雑そうですが、料金システムが少し多めなだけでシンプルですのですぐに理解出来ると思います。
・休憩
他のホテルを利用した時とは違い、部屋を利用した時間分だけの料金を支払います。
・宿泊
決まったチェックアウトの時間分のお金を支払います。お得なサービスタイムが用意されていることも特徴です。また利用者が夜に多いことから、空いている昼間や朝の時間帯は非常にお得な価格で利用できてかなりお得です!
またサービス料についてですが基本表記料金に含まれていない事が多く、室料の10%程度が表記料金にプレスされると考えておくと良いでしょう。
さらに有料の商品を注文したら、その価格に加算される事もあります。このサービス料の加算方法はホテル次第ですので、利用する時は規約をしっかりと呼んでおきましょう。

チェックイン・チェックアウト

風俗
ラブホテルは基本的に従業員も含めて人と会う事はほとんどありません。従業員と会う場合というのも、カギが直接受け渡しのホテルであったり、部屋から何かを注文した時の受け渡し程度です。
それではどのようにチェックイン、チェックアウトを行なうのかを説明します。

まずチェックインですが、フロントの隣に各部屋の設備と料金が写真付きで紹介されています。部屋の設備などによって料金が変わります。
入りたい部屋が決まったらそのパネルのボタンを押します。基本的にはそのままエレベーターに乗って部屋へ向かいます。
ラブホテルのエレベーターは入室専用と退室専用に分かれているので誰かと鉢合わせする心配がありません。
目的の階で降りると先ほど選択した部屋のナンバーが光っているのですぐに場所が分かります。

チェックアウトをする時はフロントでカギを受け取っていた場合はそのカギを返し、清算をします。しかし殆どの場合は部屋の中で清算します。部屋の入口に自動精算機が設置されているのでそこに表示されている料金を支払ってください。清算が終わったらそのまま外に出てしまって構いません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る